レンタルオフィスとフリーデスクの違いは?フリーデスクは低コストオフィス!

blog

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

レンタルオフィスにはシェアオフィスやバーチャルオフィス、コワーキングスペースなどといったさまざまな種類が存在しています。

 

その姿や形、料金プランは年々変化をし続けており、変わりゆくビジネスマンの働き方に合わせていると言っても過言ではありません。

 

そこで、みなさんはレンタルオフィスの一つの種類として「フリーデスク」があることをご存知でしょうか。

 

ご利用される方によってはとても便利に感じる「フリーデスク」について今回はご紹介します。

 

レンタルオフィスとフリーデスクの違い

 

「フリーデスク」とはワークスペースがある場所、つまりデスクワークができる場所のことを言います。

 

「それじゃあ、通常のレンタルオフィスと変わらないのでは?」と思っている方がいらっしゃることでしょう。

 

レンタルオフィスの大きな違いとして「席が決まっていない」ことです。フリーデスクの名前のとおりですね。

 

働き改革によって、大手の会社ではあえて席を決めずに自由なスタイルで仕事をすることを進めているのだそうです。

 

レンタルオフィスも、その形式として「フリーデスクプラン」というプランを設けている場所が多くあります。

 

ちなみに、フリーデスクだと必要最低限のデスクとオフィスチェアなどが用意されており、隣とは壁で仕切られている場所がほとんどです。

 

フリーデスクのメリット

 

フリーデスクは一見利用しにくいイメージがあるかと思いますが、実はメリットがつありますので、ご紹介しましょう。

 

急遽デスクワークができる場所が欲しい

 

電車までの待ち時間や、次の商談までに資料作りがしたい場合など、さまざまな理由でワークスペースを利用したいことがあるでしょう。

 

そんなときにすぐ利用できるのがフリーデスクです。

 

フリーデスクはほとんどの場所で「予約無し」で利用することができます。

 

広いスペースではなく、必要最低限のスペースとなっていますが、むしろそのくらいの広さが丁度良いという声が意外と多いのも事実です。

 

静かな場所で集中できる

 

せっかく作業するなら静かな場所でデスクワークをしたい方もいるでしょう。

 

喫茶店やファミレス、コワーキングスペースだと周囲の雑音や話し声が気になる場合がありますよね。

 

しかし、フリーデスクであれば「電話や私語を禁止」としている場所が多くあり、集中できる環境が整えられております。

 

月額料金が安い

 

必要最低限、なおかつ席が決まっていないという理由から、通常のレンタルオフィスよりも低価格で利用が可能です。

 

安くて10,000円を切る場所から、高くても30,000円前後の料金相場となっています。

 

ちょっとした集中できる空間を少しだけ希望している方はぴったりなプランなのではないでしょうか。

 

フリーデスクのデメリット

 

メリットばかりではなく、デメリットもあるため利用するにあたって念頭におきましょう。

 

固定席ではないため落ち着かない

 

席が固定されていないため、集中できないという方もいます。

 

フリーデスクはそれが強みともなれば、弱みと受け取れる場合もあるので、日常決まった席でなければ仕事が捗らないという方はあまりおすすめできません。

 

ちなみに、「固定席ではない=席を用意できないこともある」ということはほぼないでしょう。

 

フリーデスクのプランを用意しているレンタルオフィスは席数を多く確保しているため、ご安心ください。

 

オプションサービスが別途発生する

 

レンタルオフィスによって異なりますが、フリーデスクだと郵便転送サービスや専用ロッカーなどが別途有料で発生する可能性が高いです。

 

全く利用しない人であれば問題ありませんが、もし利用する機会が多いという場合はレンタルオフィスの方が割安になることもあります。

 

フリーデスクのような簡易的なワークスペースやサービスで良いのかをしっかり検討してください。

 

フリーデスクのサービス

 

フリーデスクの料金に含まれているサービスは以下のようなものが多いです。

 

  • 有線、無線LANの利用
  • OA機器の利用
  • フリードリンクサービス
  • セキュリティカード など

 

ただし、これはあくまで一例ですので、利用されるレンタルオフィスへ必ず確認しましょう。

 

フリーデスクとなると、サービスの幅も小さくなってしまうためビジネスサポートが手厚い方が安心という方は、レンタルオフィスを検討すると良いかもしれません。

 

フリーデスクを上手く使いこなそう!

 

余計なオプションを必要としないフリーランスや、事業と立ち上げたばかりの事業主などにとっては、費用を大幅に抑えることができるフリーデスク。

 

上手く使いこなせば、必要最低限のコストで仕事の効率がグッと上がることは間違い無いでしょう。

 

フリーデスクについても、レンタルオフィス会社によって料金体系やサービス内容が異なるため、事前の確認は怠らないよう注意してください。

※まずは検索!

 

—————————————————————————————————————————

↓全国のレンタルオフィス検索サイト「FLEXPACE」はこちらから↓
全国のレンタルオフィス検索サイト「FLEXPACE」

—————————————————————————————————————————