レンタルオフィス目的別活用術は?

blog

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

働き方が多様化すると同時に、レンタルオフィスの活用方法も人それぞれ異なります。

 

今回はレンタルオフィスの活用例についてご紹介しましょう。

 

自社専用スペースの確保

 

レンタルオフィスは「完全個室」での用意がある場所も存在するため、「自社専用スペース」として利用が可能です。

 

わざわざ事務所を賃貸契約するよりも、費用を抑えることができますし、本社として登記もできます。

 

また、清掃や備品の補充など細かい業務について「総務」を雇用しなくとも運営会社で管理してくれますので、大変便利です。

 

もちろん、セキュリティ面も管理されていますので、安心して業務をおこなうことができます。

 

レンタルオフィスは月額料金制であり、敷金礼金は発生しない点も、喜ばれているポイントです。

 

サテライトオフィスとして活用

 

サテライトオフィスとは、本社から離れた場所に立地した、支社のような役割があるオフィスのことを言います。

 

近年サテライトオフィスの需要が年々増加し、都心以外の地域から通勤している会社員にとって移動時間の短縮を実現できることや、地域特性を生かした新事業に乗り込むことができるなど、魅力があふれています。

 

他にも、海外進出を考えている企業であれば、サテライトオフィスを海外に設け、徐々に事業を拡大することも可能です。

 

レンタルオフィスは今や、事業発展の手助けとしても大変役に立っています。

 

SOHOオフィスとして活用

 

SOHOオフィスはWEBライターやデザイナーなどのフリーランスが多く利用していますが、信用力アップにつながるオフィス体系です。

 

自宅の住所を利用するのはクライアントから信用されない可能性もありますし、何より事業所として自分が住んでいる住所を公開するのは、セキュリティ面で心配ですよね。

 

そこでSOHOオフィスを利用すると、クライアントからの信用力を高めつつ、来客がある場合はSOHOオフィスで常に万全な体制で、営業することが可能です。

 

一人だとなかなか手が回らない部分をレンタルオフィスがサポートしますので、女性でも安心ですね。

 

起業したばかりの事業主

 

起業・独立したばかりの事業主は、ほとんどの場合、初期費用を抑えたいと願っているかと思います。

 

レンタルオフィスは月額料金制のため、毎月決まった料金をお支払いすれば、常に綺麗なオフィスが利用可能です。

 

また、レンタルオフィスには秘書代行サービスや、受付、電話番号利用など、サービスが充実しています。

 

時間はコストですから、本業の内容以外は全てレンタルオフィスにお任せすると、仕事の効率がかなり上がるはずです。

 

働き方を変えていきたい

 

せっかく会社を構えるなら、駅近で交通アクセスが良いところが望ましいですよね。

 

しかし、駅近となると賃料や初期費用がかさみ、なかなか手を出せないのが現象じゃないでしょうか。

 

レンタルオフィスであれば、まずそういった費用を抑えることが可能です。

 

さらに、ビジネスをおこなっていく上で必要な設備はすでに用意がされているため、余計な手間を省くことができます。

 

通勤時間や、日々の庶務は小さなストレスを積み重ねることになりますので、レンタルオフィスを利用して無駄を省くことから「働き方」を変えていくことが大切です。

 

セミナーや大事な商談で利用

 

「本社を構えてはいるけど、大きな会議室がなく来客時に困る」

 

といったお困りごともレンタルオフィスにお任せ!

 

レンタルオフィスは執務スペースとしてのオフィスだけではなく、大切な会議やセミナー会場として会議室や大広間を利用することが可能です。

 

今後の事業の未来がかかっている会議もあることでしょう。

 

そんなときこそレンタルオフィスを最大限に利用することで、スペースはもちろん来客の受付まで引き受けてくれますので、期待できますよね。

 

短期プロジェクトのために期間限定で利用

 

会社によっては短期間のプロジェクトを遂行することもあるでしょう。

 

短期間、集中してプロジェクトをおこなってもらうためにも、レンタルオフィスは利用可能です。

 

期間限定で個室を契約することもでき、プロジェクトの期間や規模によってプランが用意されていることもあります。

 

低コストで無駄を省いたレンタルオフィスは快適なワークスペースと言っても過言ではありません。

 

レンタルオフィスの活用方法はあなた次第!

 

いかがでしたでしょうか。

 

レンタルオフィスはあなたの働き方や、希望するオフィス空間、そして必要なときに必要な期間だけ利用できるという、柔軟性に長けたサービスです。

 

費用も選び方次第で、最大限までコストカットできますので、「どのくらいのスペースを必要としているのか」「どんなサービスが必要なのか」を十分に検討してみましょう。

 

可能であれば、事前にレンタルオフィスの内見をすると失敗することもないのでおすすめです。

 

—————————————————————————————————————————

↓全国のレンタルオフィス検索サイト「FLEXPACE」はこちらから↓
全国のレンタルオフィス検索サイト「FLEXPACE」

—————————————————————————————————————————