大手ディベロッパーが運営するレンタルオフィス比較①

blog

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

大手ディベロッパーのレンタルオフィスは、自社の強みを生かした外観・設備となっています。

その特徴を一つずつご紹介します。

 

日鉄興和不動産

 

日鉄興和不動産が運営するレンタルオフィスが「WORK AND WONDER」、略して「WAW」です。

「ワークスペースにワクワクを」という気持ちが込められていますね。

日本橋、そして2019年10月28日にオープンしたばかりの赤坂オフィスの2つがあります。

WAWはワークスペースを利用する人の「無限のイノベーション」、「健康を大切にできる環境」そして「人が垣根なく繋がるスペース」を目指したオフィスづくりを目指していることが特徴です。

 

①設備

 

受付では来客応対や荷物の受け取り、そして備品の貸し出しを承っており、スタッフが常駐しているので安心のサービスが整えられています。

郵便物に関してはメールボックス、毎日の荷物の受け取りが面倒な場合のロッカーも用意されているため、大変便利です。

ただし、利用するプランによって料金に含まれているのか、オプションとなるのかが異なるため事前に確認しましょう。

 

②スペース

 

「オープンエリア」という全ての会員が利用できるワークスペースがあります。

ドリンクも無料で利用できますので、ぜひ気軽に過ごしてください。

会議室ももちろんご用意があります。

6名用と8名用の2種類があり、どちらとも「モニター」が設置されているためテレビ会議も可能でしょう。

受付スタッフによるティーサーブもできるため、クライアントとの会議にも困りません。

こちらは会議室の利用、そしてティーサーブともに別途料金が発生するため、事前の確認をしておきましょう。

そして、リフレッシュの空間が楽しめる「スカイテラス」では、外の空気に触れることができるので、室内での作業に疲れた方は少し息抜きしてみてはいかがでしょうか。

 

③料金プラン

料金は以下のプランをご用意しています。

  • 個室会員
  • デスク会員
  • アドレス会員
  • シェア会員
  • ドロップイン会員
  • 会議室利用

 

会員制とは言っても、さまざまな利用形態に合わせたプランをご用意しているため、気軽に利用できるのは魅力的ですね。

 

野村不動産

 

野村不動産の新しいオフィスとして注目されているのが「H1O」です。

「H1O」とは「Human First Office」の略称で、少人数の企業およびベンチャー企業にオフィスを提供する新たなサービスとなっています。

H1Oは個室重視のオフィスワークスペースで、以下の3種類が用意されています。

  • 1〜2名用
  • 4〜6名用
  • 8〜13名用

 

個室に価値を置いているということもあり、空調は入居者の好みで調節が可能でとても快適に過ごせるでしょう。

共用ラウンジも用意されていますが、外部への貸し出しをおこなっていないため、入居者が安心して過ごせることも魅力的です。

24時間365日、好きなときにいつでも利用できるため、リフレッシュすることもできますよね。

また、会議室や受付スタッフ(平日9時〜18時常駐)の万全なサービスももちろん整えられています。

 

三井不動産

 

三井不動産のレンタルオフィス「WORK STYLING」には「法人向け多拠点型シェアオフィス」と「法人向けフレキシブルサービスオフィス」の2種類があります。

①法人向け多拠点型シェアオフィス「SHARE」

 

例えば本拠点でシェアオフィスを契約しても、出張先でワークスペースを利用したい場合、簡単に利用できないことが多いのではないでしょうか。そんな不自由さを解消したのがこちらのサービスです。

全国40拠点もある三井不動産の「WORK STYLING」は自由にどこでも利用が可能なため、今までの不便さはなくなるのではないでしょうか。

 

  • ワークスペース

開放感溢れるコワーキングスペースや、一人で黙々と作業に打ち込める個室空間、そして広々使える会議室もご用意があり、大変満足度の高いサービスとなっています。

 

  • セキュリティ

WORK STYLINGではセキュリティを強化しており、セキュリティカメラやスマートフォンでの入退室管理、さらには内部情報を漏らさないための「電話専用スペース」などが用意。

ここまで徹底しているからこそ、信頼されるシェアオフィスが全国40拠点も存在するのでしょう。

 

②法人向けフレキシブルサービスオフィス「FLEX」

 

近年働き方改革が進んでいく日本ですが、将来的にさらにビジネスの在り方が多様化していくでしょう。

今後の経営やビジネスに幅広く対応していく、それがこちらのサービス内容です。

 

  • ビジネスのスタートを迅速に

全国40拠点、そしてセキュリティ対策はSHAREと同じ万全の体制です。

違いは何と言っても「柔軟なプロジェクト対応」で、どんなビジネスで利用できるかはまさに無限大

例えば、短期的なビジネスから中長期、少人数や大人数など、法人ビジネスに合わせたオフィスにカスタマイズができます!

ロッカーや備品なども貸し出しも可能ですので、全て自社で用意する必要もなく、今すぐにビジネスとスタートさせることが可能なのです!

 

  • その他のワークスペース

上記のビジネスワークスペース以外にも、リラックスできるコワーキングスペースや共有ラウンジなど、入居者が快適に過ごせる空間があります。

 

大手のディベロッパーのこだわり

 

ここまでで分かるとおり、大手ディベロッパーのレンタルオフィスへのこだわりはとても徹底されています。

こだわりがあるからこそ、そこには入居者にとって快適なオフィス空間がご用意されているのです。

次回も大手ディベロッパーのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

 

—————————————————————————————————————————

↓全国のレンタルオフィス検索サイト「FLEXPACE」はこちらから↓
全国のレンタルオフィス検索サイト「FLEXPACE」

—————————————————————————————————————————